top of page
校長先生

校長挨拶

東京都市大学等々力中学・高等学校 

校長 原田豊​

 第77回藍桐祭が、コロナによる各種の制限も撤廃され、ほぼ完全な形で実施できることをまず何よりも喜びたいと思います。

今年の藍桐祭から「電子決済システム」を導入することになりました。藍桐祭執行部が中心になり、昨年からの課題を一つひとつ解決する一方で、複数の関連企業の見積もりを厳正に吟味するなど貴重な経験を重ねて実現に至りました。

高校生の催し物には、ジェットコースターやコーヒーカップ、トロッコといった大仕掛けのアトラクションがあります。これらは昨年の生徒たちが困難を乗り越えて実施まで漕ぎつけたものを、今年の生徒が引き継ぎ企画しました。夏休み中に何度も登校し安全性のチェックを行い、ここまでやり遂げました。一層充実した内容になっているはずです。その他の飲食店等の催事も、それぞれテーマ性や装飾にこだわり、「おもてなし」の心をもって皆さんをお待ちしています。

中学3年生による「本校入試対策講座」も昨年から始まった企画で、生徒たちは解説の方法や資料の作成などに工夫を凝らし、少しでも分かり易い説明をしようと張り切っています。中学2年生のSDGsの展示発表は今年初めての企画です。福島への学年行事の事前学習が、自然と発展して藍桐祭での発表となりました。中学1年生は恒例の等々力の生活や施設などの紹介です。様々な角度から本校を紹介します。

もちろん、部活動の演技や展示・催事も、この日の為に研鑽を積んできた集大成をお見せします。いずれの企画もきっとお楽しみいただけるものと思います。

共学化以来14年。代々受け継いだ土地を改めて一心に耕し、種をまいて水をやり丹精込めて育てていくことで、やがてそこに芽が出て実を結ぶ、まさしく「culture」の語源の通りの「文化」祭というものを、都市大等々力生の藍桐祭に感得してい

ただけたら、私ども教職員にとりまして、これ以上の喜びはありません。

本日はご来校誠にありがとうございました。

​保護者の会 会長挨拶

東京都市大学等々力中学・高等学校 

​保護者の会 会長 天野毅

 2023年の藍桐祭は待ちに待った4年ぶり通常での開催となります!

生徒・教職員の方々もワクワク・ドキドキ・一生懸命に参加している姿が目に浮かびます。保護者の会としてもバージョンアップした形で参画し、学校・ 生徒と協調しあい、共に素晴らしい藍桐祭を作り上げていける事を嬉しく思っ ています。今年は“親父の会”として参加して頂くお父様方も生徒以上の熱量で気合が入っていますので、お楽しみにしていて下さい。

一般の来場者数も今年は昨年以上に増えると予想しますが、この都市大等々力校の素晴らしい文化を、訪問して頂く方々に理解して頂けるとても良い機会で あると考えています。 生徒一人一人は、この藍桐祭に積極的に参加し精一杯やりきる事で、素晴らしい思い出の文化祭となる事は間違いないと信じています。

今回の藍桐祭のテーマは“翼” 生徒の皆さんの背中には、目には見えませんが、 既に大きな“翼”をもっています。その翼を思いっきり大きくして、どこまでも、 どこまでも自分が望む所へ羽ばたいていける、大きなきっかけになる藍桐祭になることを楽しみにしています。

さあ、大空へ皆で羽ばたいて行きましょう!!

藍桐祭執行部挨拶

藍桐祭執行部

挨拶をペースト

bottom of page